みんなのアレルギーEXPO 2017

大田区産業プラザ PiO 大展示ホール 2016(平成28)年12月15日(木)~16日(金) 10時~17時(最終日は16時まで)
来場のご案内セミナー・イベント

「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」について

■セミナー概要

日本の米粉は、高品質な日本産米を高度な技術で粉砕した、様々な食品・料理への加工性に優れた素材です。
加えて、米粉は、グルテンを含まないという特性を持っています。
近年、欧米はもとより国内でもグルテンフリー食品の需要が拡大傾向と言われていますが、「グルテンフリー」は、グルテン含有基準値を20ppmとするセリアック病対策の欧米の制度です。
一方、日本のアレルゲンタンパク質の検査技術は、実用可能な定量限界値が1~2ppmと、世界最高のレベルにあります。
このようなことを踏まえ、農林水産省は、日本産米粉の需要拡大に向け、本年3月、グルテン類の混入をしっかりと管理排除した日本の高品質な米粉を、この検査技術によってグルテン含有が「1ppm以下」であることを確認し「ノングルテン」と表示することによって国内・海外にアピールする民間の自主的な取組を促すべく、「米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン」を公表しました。

■講師名

那須 慎吾 様
(農林水産省 政策統括官付 穀物課 課長補佐)

■講師プロフィール

1961年8月20日生まれ
食糧庁、農林水産省総合食料局、同省生産局の各組織において一貫して米政策に携わり、食糧管理法・旧食糧法下の国産米買入制度の運用、米価審議会の運営、現行食糧法に基づく米穀の安定供給対策業務・需給調整対策業務などに従事。 2013年11月から現職。

■場所

〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
京王プラザホテル4階 けやき

■お問い合わせ先

一般社団法人 日本環境保健機構
03-6869-8270 平日9:00~18:00